自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 涅槃の智慧を磨き成功の王道を堅実に突き進む

涅槃の智慧を磨き成功の王道を堅実に突き進む

クライアントと一緒に智慧を磨いています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

「涅槃の智慧」でもって苦しみを断ち切っていく

という仏教の教えがあります。

 

この世の中で生きていると、

「欲しいものを手に入れて何が悪い。追いかけて何が悪い。快楽を求めていれば幸福ではないか。」

と、私を含めた人間は思いやすいかもしれません。

 

しかし、神仏の視点、霊的な目から観れば、それが間違いであり、

「自分はこれをすることが楽しみであり、幸福である。」

と思ってやっていることが、大きな苦しみの原因になっていることが少なくないということです。

 

たとえば、

男性が陥りやすいと言われている落とし穴の1つは邪淫です。

 

男性の多くは、本能のままにいくと、美しい女性を見れば手に入れたいと思いやすいです。

そして、欲しいものを手に入れてようと、追いかけることが、結果的に家庭を壊したり、仕事や私生活の苦しみを作ることが少なくないのです。

 

こうして、思いもしないような不幸があとで来て、今まで積み上げてきた成功を根こそぎ奪われてしまう話は巷で珍しくないようです。

 

そうした苦しみの目にあって初めて、

「いったい何が悪かったのかな?」

と思うものですが、智慧の立場から言えば、そうしたことは最初から分かっていることです。

 

「こうしたら、こうなります」「あなたにこんな不幸が訪れますよ」

ということが分かっているのに、そういう洞察、ものの道理を見抜く智慧がない場合には、

「本能のおもむくままに、欲しいものを手に入れようとすること」

が楽しみだと思っているわけです。

 

 本能・欲望そのものを否定することはできません。

これを否定するということは、この世で肉体を持って生きることを否定することです。

 

ポイントは、本能・欲望に制御される自分であるのか、本能・欲望を制御する自分であるのかです。

 

「○○が欲しい」「□□がしたい」

と感じる自分自身を受け入れたうえで、

「それは果たして本当に、自分を幸福にするものであるか。不幸にする種をまくものではないか。」

を考える習慣が涅槃の智慧を磨くものです。

 

人間ですから、間違うこともあります。

 不幸や苦しみを経験することもあるでしょう。

 

しかし、そこから「何が自分のまいた苦しみの種だったのか」を

反省し、学ぶことで涅槃の智慧は研ぎ澄まされていきます。

 

逆に、

「あの時、不倫したことがバレたのは、あの時のメールが不注意だった。今度はもっとバレないようにきをつけないと・・・」

のような反省をしているようでは、もっともっと痛い目に合わないと学べないかもしれません。

 

お金、異性、名声で魔がさして、今まで積み上げてきた幸せ・成功が根こそぎ奪われぬことのないよう、第三者目線で自分を見て、恥ずかしくない姿勢を心掛けていきたいものです。

それが結果的に、自分の人間としての器を大きくしていくものなのだと思います。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション