自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 仏教の四諦の教えを生かして悩みを一網打尽にする方法

仏教の四諦の教えを生かして悩みを一網打尽にする方法

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もよろしくお願いします。

 

仏教の教えで「四諦」があります。

四諦とは「苦・集・滅・道」の教えで、

釈尊が悟りを開いて、最初に説いた教えと言われています。

 

まず、「苦」とは、「人生は苦しみである」という真理を見抜くことです。

 

次は「集」。

これは、苦しみの原因を突きとめるということです。なぜそういう苦しみが起きているのか、これを分析し、突きとめてつかむということ、これが「集」です。

 

三番目が「滅」。

これは、人生が苦しみであると知り、苦しみの原因を知ったならば、その苦しみの原因を取り除こうとする心です。あるいは苦しみの消滅を志すことです。

「この苦しみを取り除いてみよう。この悩みから脱却しよう」と思い、決意しなければ、幸福への道には入れないのです。

 

そして、苦しみを消滅させる方法が「道」です。

すなわち八正道(正見・正思・正語・正命・正業・正精進・正念・正定)の実践です。

 

 

私は、クライアントに仏教を教える事はありませんが、

この四諦を取りれたフォローをすことがあります。

 

とくに、苦しみの原因を突きとめる「集」の教えを生かしています。

なぜそういう苦しみが起きているのかを分析んするにあたり、

そん原因は必ずクライアントの内面に存在しています。

 

釈尊が教えた四諦を

現代の仕事や私生活の悩み解決に生かすポイントの1つは、

自分の悩みの原因は必ず自分の内側にある過ぎたる欲や執着である前提を生かすことです。

 

一例をあげると、仏教用語で、

「怨憎会苦(おんぞうえく:いやな人と会う苦しみ)」

がありますが、嫌な人に会った原因は嫌な人にあるように普通は思いやすいかもしれませんが、こうした悩みさえも自分の内側に原因を発見することが根本的な解決方法となります。

 

例えば、身勝手なクレームを言ってくるようない人と出会って悩んでいた場合、その人を引き寄せた原因が自分の内側にあった「依存心」であると気づいたならばそれを手放すことで、クレーマーと毅然とした態度で接し、クレーマーとの波長同通を断ち切っていくことができるかもしれません。

 

自分の中に悩みの原因を発見したならば、

自分を変えることで解決の糸口が見えてきます。

しかし、自分の外側に原因を探っているうちは、環境を変えたり他の人を変えたりすることにエネルギーが向けられるので、なかなか上手くいかなず疲弊することがあるかもしれません。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション