自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > [怒ってはならない]と分かっているけど、ついついキレてしまうのはなぜ?

[怒ってはならない]と分かっているけど、ついついキレてしまうのはなぜ?

客観的に自分を観ることで冷静な判断をしたい経営者のお役に立っています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

ブチ切れて怒ってはならないと、分かっているけど反射的に切れてしまう。

怒るのと叱るのは違うとわかっているけど、ついつい感情的に怒ってしまう。

 

こうした感情を制御できないケースの原因は、

ほとんどの場合、本人の劣等感にあります。

 

思い通りにならない現実を見せつけられて、それが物凄く嫌で耐えられず、思い通りにならない現実を創っている相手を攻撃せずにはいられなくなり、ブチギレます。

 

あたかも、

「相手が悪いから自分に怒りの感情が湧き上がった」

と思い込みやすいのですが、実際は、

「無意識に怒りの感情をオンにして、自分を護ろとした」

が本当であることが多いです。

 

したがって、怒りっぽい自分や切れやすい性格を根本的に変えていくには、自分の内面にある強烈な劣等感を自覚して、それと無理なく向き合っていくことによる解放がポイントになります。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション