自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 「面倒くさい≠先延ばし」感情と行動が連動する脳に革命を起こす!

「面倒くさい≠先延ばし」感情と行動が連動する脳に革命を起こす!

クライアントの「やった方がイイと思っていること」を実行へ移すメンタルサポートをしています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

精神的に豊かであるとは、
決してポジティブな感情ばかりを感じていることをいうのではなく、ポジティブな感情もネガティブな感情も感じている自分を受け入れている状態だと思います。

「めんどうくさい」とか「怖い」とか「ヤル気が湧かない」のようなネガティブな感覚を抱く自分をよく知っているからこそ、他の人がネガティブな状態になっていたとしても、一概に相手を責めたり否定したりすることは減ると実感しています。

ただ、

「めんどうくさい」から今やれることを「先延ばしする」
であったり、
ここで見込み客をクロージングするところで、「嫌われるのが怖い」からやらない
であったり、
「ヤル気になれないから、ヤル気になるまでぼーっとしていよう」
のような思考と行動の連動パターンが顕著であると、日常生活がより豊かになっていくことを阻んでいる悪因になっているかもしれません。

a0002_011725

私がメンタルサポートをさせていただく際、
「めんどうくさい」とか「怖い」とか「ヤル気が湧かない」のようなネガティブな感覚を感じなくなってしまうように変えるのではなく、

「めんどうくさい」から、今やれることを「今やる」
であったり、
「嫌われるのが怖い」と感じるからこそ「今、クロージングしよう」
であったり、
「ヤル気になれない。今できることをやっていたらヤル気になってくるだろう」
のように、

「ネガティブな感情=行動しない」のパターンを創造的に破壊して、
「ネガティブな感覚を感じるからこそ行動する」へとシフトさせてます。

私も面倒くさいからと先延ばしすることが多い人間でしたが、
現在は、「めんどうくさい」という気持ちにならなくなったのではなく、

「めんどうくさい」と感じている自分に気づいたからこそ、「今やろう!」

へと自己変革することによって、成果を上げる自分へ成長してきたと自負していて、この実証済成長法則を使って、クライアントが自分を変えることへ貢献しています。

徹底的に自分を知るポジショニング・セッション