自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 本気になって行動したら傷つくなんて織り込み済!

本気になって行動したら傷つくなんて織り込み済!

傷ついても決して諦めない人のメンタルサポート。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

二男と野球をするのが週末の日課。これが私の趣味です。
とても楽しく参加させてもらっていて、
思いっきり野球に関わることを許してくれている妻に感謝家感謝です。

趣味なのですが、けっこう本気で野球に関わっています。
仕事の予定を調整して、宿泊遠征にもついていきますし、練習試合では塁審をすることもあります。
また、練習にはグローブを持参して、内野手・外野手をやらせてもらっています。

本気で野球する、つまり、
決して手を抜かずに守備についてボールを追いかけると、
ダイビングキャッチを無意識に試みている自分がいたり、
ボールに飛び込んでいる自分がいたり。
ある意味で捨て身です。

そして、練習後に着替えてみれば、
肘や膝に擦りキズが合ったり、ズボンが破れていたり・・・。
多少の傷はつきものです。

10580262_1447951815481958_8133689974990041212_n

こうしたアマチュア野球を通して学ばせてもらっていることは、
「一所懸命、本気で何かに取り組めば、多少の傷はやむを得ない」
ということ。

仕事にド真剣に取り組む。
営業に一所懸命になる。
社員と本気で関わる。

これにより期待する成果を手に入れることができるまでのプロセスでは、
多少は傷付くことはやむを得ないのかもしれません。

傷つく事を織り込み済みにして、
傷付いたことを「やめる」正当な理由にせずに、
忍耐強く成果に向けて継続することの大切さを、
少年野球に本気で関わる中で実感させてもらっています。

徹底的に自分を知るポジショニング・セッション