自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 嫉妬心が教えてくれる本当に自分がなりたい姿とそれに近づく道

嫉妬心が教えてくれる本当に自分がなりたい姿とそれに近づく道

波長をより好く変えていくメンタルサポート。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

現在、ただ今の自分が不幸だと感じていると、
他の人が幸福であったり、成功していたりすることに対して
強く嫉妬する傾向があります。

逆に、

ただ今の自分が幸せで、成功していたり、快適な人生を感じている場合、
他の人の幸福や成功を素直に祝福することができるケースが多いです。

嫉妬心の無い人はいないと思います。
大きい、小さいはあると思いますが、生まれてからこれまで、嫉妬しなかった人はいないと思います。
人間の動物的な面、本能のままに生きていると、嫉妬はどうしても出てくるものです。

なので、嫉妬を上手く利用していくことを考えることが必要だと思います。

そもそも自分が全く関心のない分野に嫉妬することはありません。
例えば、私はサッカーを遊びでしかやったことがないのですが、サッカーのワールドカップをテレビで観戦していて、素晴らしいプレーをする選手がいても、その人に嫉妬する気持ちを感じることはありません。

しかし、自分と似たような対人支援の仕事をしている人がTVに出ているのを見ると、「羨ましいな」と感じることがあります。
でも、TVに出ている人は、私よりも何かの面で努力したのでしょうし、私はTVに出る上で必要な努力を怠ってきたのですから、仕方ありません。

なので、「自分もTVに出るぐらいのより好い影響力を及ぼせる人財になりたい」という思いを自覚して、今の自分にできる努力をコツコツと積み上げていくことです。
努力を積み上げていくカンフル剤に嫉妬が活きることもあるでしょうし、自分を知るキッカケとして嫉妬が役立つこともあります。

逆に、嫉妬した相手を批判していては、本当になりたい自分になることを自ら止めてしまうことにつながりこともあります。
TVに出ている人に嫉妬して、
「あの人は裏で上手くやってTVに出ただけだ。本当の実力は大したものではない。」
と、相手を批判して自分を持ち上げている姿勢には、相手から学ぼうとする謙虚さがありません。

PAK25_kasennitatudansei500

つまり、本当は自分の理想像である人を嫉妬して批判している限り、自分がそのような成功をしていったり、自己実現して幸福になっていくことはありません。
「あの人はお金儲けをしている。許せない。」
と、お金儲けをしている人に嫉妬している人は、自らお金儲けを否定しているので、お金持ちになることは難しいです。

徹底的に自分を知るポジショニング・セッション