自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > なぜ現状維持を目標にすると衰退するのか?

なぜ現状維持を目標にすると衰退するのか?

成長し続ける企業、個人の参謀コーチ。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

10年前と今を比べると、世の中は確実に進歩して豊かで便利になっていると思います。
例えば、10年前は携帯電話は折りたたみ式が主流だったと思います。今はスマフォを持っている人がほとんどです。


また、電化製品の省エネ化が進んだり、ますます燃費のいい自動車が走るようになりました。

1日、1週間、1ヶ月程度の期間では、世の中の進歩・成長を実感することはあまりないかもしれませんが、中長期のスパンでは確かな変・成長をしていると実感できると思います。

 

なので、
「このままでいい」
という現状維持を良しとする生き方(目標設定)を選択したら、自分は変わらないけど世の中や周りの人達は進歩・成長していくので、結果的に自分はおいてけぼりとなって、周囲からは衰退しているように見られやすいです。

 

写真

 

リスクを回避したり、少しゆっくりしたいから、現状維持を目標としたい気持ちが湧いてきて自分を守りたくなるのは人間の性なのかもしれませんが、その選択が結局は自分を守ることができない選択になっていることを知っておかないと危険かもしれません。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション