自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 仏道から学ぶ時間管理!時間の無駄は意外にもこんな身近なところに・・・

仏道から学ぶ時間管理!時間の無駄は意外にもこんな身近なところに・・・

昨日よりも今日、より良い自分へ成長して、より豊かな毎日を創るお手伝い。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もお読みくださいましてありがとうございます。

 

時間を有効利用することについてゴールはなく、
「今日の時間の使い方はどうだったか?うまく使えたところ、無駄だったところはどこか?」
を反省し、そこから学び、より有効利用できる自分へ成長していく積み重ねが大切なのだなと実感しています。

 

時間は命そのものと言えると思います。
だから、命を大切にするように、時間を大切にする必要があると思います。

 

また、大切なお金を少しでも有効に使う場合、予算を立てて計画的に使うことが重要であるように、時間を大切に使うためには「計画」が大事なのだと思います。

 

ただ、そうした知識を持っていたとしても、なかなか完璧にはできないのが人間なので、時間に関しても、お金に関しても、完璧ではなく、よりよい(BETTER)使い方を積み上げていくことの中に楽しさや心地よさを得ていくことが人生を楽しむポイントのように学ばせてもらっています。

 

そして、時間の無駄、人生の無駄について、次のような仏道の教え『前後際断』をもとに考えてみると、意外にも身近で時間の無駄や人生の無駄を選択している自分に気付かされます。

 


 

 

◆「私にはできないのではないか。とても無理なのではないか。私はダメなのではないか。」というような暗い思いを抱き、「自信がない。とてもできない。一言が言えない。一歩が出ない。」ということを、毎日毎日、悩み続けていることは、「人生の無駄」に過ぎない。

 

◆まだ起きていないことを悩むのはやめましょう。例えば、これから遠くに見える橋をうまく渡れるかどうかは、橋を渡る時に心配すればよいのです。橋を遠くから見ながら、それを心配しているのは、時間の無駄です。

 

◆悩んでいる暇があれば、「今日一日、自分は何をしたか」ということを、自分に問うてみてください。単純なことでよいのです。何でもよいのです。一歩前進してください。「昨日よりも今日、今日よりも明日、とにかく前へ進んでいこう」と思うことが大事です。

a0960_004661

 


 

 

悩みを持つことは生きている証拠です。
生きている人で悩みを持っていない人はいないと言われています。
だから、悩みを持っていることはダメなことではないと思います。

 

ただ、


「悩んでいる状態」

「どうしたらよくなるかを考えている状態」
は違います。

 

悩んでいても辛い時間だけが過ぎていき、状況は変化しない。
むしろ、どうしたら一歩前進できるのかを考える時間を持つことが、よりよい人生を歩むことにつながる。

 

「時間がない」が口癖の場合、「悩んでいる時間の長さ」を測ってみると、打開策が見つかるかもしれません。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション