自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 越えてはならない一線!今世で成功することが非常に難しくならないために・・・

越えてはならない一線!今世で成功することが非常に難しくならないために・・・

三重県のようなコーチングを知らない人が少なくない地方でも、多くのクライアントに必要とされています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

人間には良くも悪くも「慣れ」ていく部分があり、
慣れたからだんだんと幸福になることと、
慣れてしまったがために不幸の道を進み続けることがあります。

例えば、

営業で見込み客に断られることに慣れることにより、
感情に流されずに仕事を遂行することができるようになり、
仕事の成果が出やすくなることがあります。

失敗することの痛みに慣れることによって、
チャレンジする勇気が湧きやすくなる人もいます。
成功するまでのプロセスは失敗の連続であることが多いので、
失敗を恐れない心、いわゆる「慣れ」が自己実現の速度を上げることも。

一方で、
慣れてしまったがために、なかなか成功することが難しくなったり、
せっかく収めた成功が根こそぎ崩れ落ちるようなこともあります。

例えば、

チームで1000万円/月の売上をつくることを目指して、
チーム員5名で分担し、一人200万円/月で活動し始めました。
最初のうちは、他の人に迷惑をかけるわけにはいかないと気概をみせたものの、

「一回ぐらいはイイかな・・・」

と、他の人に甘えて、自分は成果を創らず、
他の人に穴埋めしてもらった経験をしてしまうと、
次回からも、

「誰かが助けてくれるかな・・・」
「自分がやらなくても・・・」

と、弱い自分、甘い自分に慣れてしまることがあり、そうなると、チームとしても個人としても大成する道がますます険しくなります。

a1180_009673

また、そのほかの例として、たまにニュースになっている
万引きや痴漢などの犯罪行為も然りです。

私は経験がないので分かりませんが、
泥棒や万引き、痴漢などの犯罪を初めてやってしまったときややろうとしたときは、
かなりドキドキしたり、かなり罪悪感を感じたりするものではないかと思いますが、

また、
これまでに完全な守秘義務のもとで、
過去に一部のクライアントから相談を受けたことがありますが、
配偶者以外の異性と関係を持つ不倫や浮気も、慣れてしまうと怖いように思います。

彼ら・彼女らの話を聴くと、
初めて不倫や浮気になるときは、
罪悪感や恐れ、不安、緊張感で
「これは越えてはいけない一線ではないか・・・」
と抵抗する自分がいたと言います。

しかし、

2回目、3回目となると、だんだん慣れてきて、
軽く、かるーく、一線を越えてしまう自分を止められなくなってしまう。
2度あることは3度ある・・・ということでしょうか。

その他、
交通ルールを守ることを疎かにしていることに慣れてしまい、
大きな事故を起こしてから気づくケースも。

お金を借りることに対する慣れがもたらす借金生活。
他の人に嘘をついて上手くダマせた経験を繰り返し、嘘をつくことに慣れてしまって孤独になっているケース。

せっかく幸せな成功を収めているにもかかわらず、
スキャンダルで根こそぎ幸せを失うことは、
芸能界や政界に限った話ではありません。

今世での成功や自己実現が厳しくなる越えてはならない一線。
それは決して遠いところにあるものではなく、
自分達の身近にあるフッとした油断から始まるのかもしれません。

悪しき慣れに染まってしまうと、
それを断つことは大変な努力が必要です。
なので、その前の予防線を張っておく、自分をある程度戒めることも必要です。

そして、人間ですから過ちを犯すこともあります。
悪しき習慣、慣れで苦しんでいる自分に気づいならば、言い訳を排除して、十分反省し、悪しき習慣を断ち、善き習慣で生きることに対する大きな決断から、人生は何度でもやり直せるし、必ず善くなるようにできていると思います。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント