自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > スムーズな目標達成!目標達成を邪魔されやすい人の特徴

スムーズな目標達成!目標達成を邪魔されやすい人の特徴

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

目に見えてどんどん目標達成するパターンがあると感じています。
それは、

1.達成したい結果を決断する
2.計画する
3.結果をつくまで行動する

です。

もっとシンプルにまとめると、
「コミットして、行動して、結果を作る」
です。

クライアントの目標達成をサポートしている中で、上記のうちで盲点になりやすいポイントは、「決断する」「コミットメント」です。
結果を作れないケースの多くは、
「この結果を作る!」
という決断、コミットメントが弱いです。

結果を作ることへの決意、コミットメントが弱いと、結果を作るまでのプロセスで邪魔が入りやすくなります。
隙ができたり、油断していたりします。

例えば、
「名古屋から東京へたどり着く」という結果を作ることを目指していて、
「できたらたどり着きたいなぁ」の程度の弱いコミットメントだったとすると、
新幹線が普通になったり、高速道路が通行止めになったりすると、
「やっぱり行くのはやめよう。仕方ない。」
と、諦めやすい傾向にあります。

一方で、
「絶対に名古屋から東京へたどり着くぞ!」と強くコミットメントしていると、
多少のトラブル、不意な予定変更が起こっても、
「どうしたらたどり着けるか」を、トラブルの乗り越えるまで考え続けます。

要するに、

「コミットメントが強ければ強いほど、諦めにくく、忍耐づよくなる」のです。
逆に、コミットメントが弱いと、言い訳がすぐ出てきたり、諦めやすかったりします。

私はかつて、
「時間がないから、やりたいことができない」
と、言っていた頃もありましたが、
これは時間の問題ではなく、
「やりたいことを絶対にやりたい!」
というコミットメントが弱かったことが根本的問題だったと思います。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント