自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 思い込みの力を利用した世界観や視点の切り替え法

思い込みの力を利用した世界観や視点の切り替え法

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

自分が何を信じているか【信念】によって、
世の中の見え方や聞こえ方、感じ方が変わってきます。

例えば、
「世の中の人は自分の敵」と思っている人と、
「世の中には自分の味方がたくさんいる」と思っている人では、
同じ国に住んでいたとしても、違ったような見え方、聞こえ方、感じ方をしているでしょう。

「自分は運のいい人間だ」と信じている人と、
「自分は運の悪い人間だ」と信じている人とでも、
生き方に違いが生じてくるものだと思います。

こうした思い込み、信念は、
過去に本人が経験したことを介して形成されていることが多いです。
だから、思い込みや信念を与えられたことから抜け出せないで苦しんでいるケースも少なくないと思います。

しかし、

本当は、何が正しいと信じたいか、どんな思い込みをしたほうが自分にとって都合がイイのかは、自分の選択で決められます。

自分は運の悪い人間だと思っていたら、
運の悪かった出来事がたくさん思い出されるでしょうし、運の悪いことに敏感になりやすく、逆に幸運な出来事はスっと忘れ去られていたりします。

一方、自分は運のいい人間だと思っていると、
運の悪いことより、運の好いことの方に敏感となる傾向にあります。

自分が運が悪いのか、運がイイのかの真実はともかくとして、
いったい、どちらを信じたほうが自分にとって幸福な人生となるのでしょうか。

私は運のいい人間だと思うようになってから、
運のいいことがたくさん起こるようになったと実感していますし、
運がいいと思った方が勇気や力が湧いてくるので、この信念を採用したほうが自分にとっては有益だと感じています。

要するに、もし仮に、自分が思い込んでいること・抱いている信念が自分を不幸にしていると気づいたならば、その信念が正しいかどうかは置いておいて、その逆の考え方を使ってみてはどうでしょうか。

「世の中は自分の敵だらけ」と思っていたけど、いったん、
「世の中には自分の味方がたくさんいる」と信じてみたら、何に気づくでしょうか?

眼鏡屋さんでサングラスをいろいろかけて楽しむように、
自分の信念・思い込みをいろいろ変えてみると、人生に自由を実感する機会になるかもしれません。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント