自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 自分を納得させることを他人任せにする自己中から卒業!

自分を納得させることを他人任せにする自己中から卒業!

よりよい人生を歩むお手伝い。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

人間は
「不当に押し付けられた」
と感じると反発する性質を持っていると思います。

例えば、
会社で上司に従うことは当然だと頭では理解していても、その上司の指示に納得できないと内面は穏やかでなく、人によっては反発・反攻するケースがあるかもしれません。

a0002_009324

その一方で、よりよい人生をあるんでいく中で、自分自身が納得できることしかできないような自分の器では生き難いと思います。
なぜなら、一人で生きているわけではなく、知ってか知らずか、自分も他の人の援助の基で生かされているのが事実であり、様々な人の様々な価値観や信念が交錯する中に存在せざるを得ない部分もあると思うからです。

私はかつて、自分が納得できない仕事はやりたくないし、自分の足りたいことだけをできる状態にしたくで、独立起業を目指したこともありました。

しかし、あるとき、
「自分はひとりでは生きているわけではないこと」
であったり、
「自分一人のチカラでは大成できないこと」
などを知ることになり、

自分が納得できることを他人任せにしていては、
いつまで経っても生き難い人生が続く
と思うようになりました。

というのも、例えば、前述の会社の上司と部下の事例において、
上司も忙しいので部下に指示をすることの1~10までを部下が納得するように指示できるかといえば、現実的には難しいことがあります。

「上司が納得できる説明をしてくれないから、
自分はこの仕事を前向きにすることができないのだ」

と、ごもっともそうな理由を私も感じたことがあったのですが、それは見方を変えれば、
「この仕事を自分がするに相応しい理由を自分で見つけられないぐらい想像力に乏しい」
ということを意味しているのかもしれない・・・
と、私は感じるようになってきたのです。

起業してから、様々なことに挑戦してきました。
そんな中で、
「この仕事、ちょっとやる気になれないな」
と思ったこともありましたが、

自分を納得させるのは自分

と思い、想像力・創造力を働かせて、その仕事の中にある肯定的な目的や、自分がやるにふさわしい正当な理由を自分で考えて、前向きに建設的に取り組める自分をつくってきたと思います。

その結果、出来ることが増えてきたし、自信もついてきたし、以前の自分に比べたら世の中の役に立つ人材へ成長してきたように自負しています。

「不当に押し付けられた」
と感じると反発する性質は人間誰しも持っていると思います。
ただ、それを感じてからどのように自分を扱うのか。

他人任せで自分を変えてもらうのを待つのか。
自分を自分で変えていくのか。

自由は自分でつくるものだと思います。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント