自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 自分らしい成功方法の見つけ方とより好い成果を出す知識の活用法

自分らしい成功方法の見つけ方とより好い成果を出す知識の活用法

自分の場合はどうしたら成功するのか?
個別具体的な自己実現の方法をサポートしています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

「自己流は事故る」
というのが私の考えの1つで、
経営にしても、組織のマネジメントのしても、
「どうしたら上手くいくのか」
を学び、それを基準に自分のやっていることを反省し、改善していくことが必要だと考えています。

経営者であれば、
例えば、松下幸之助先生やP.F.ドラッカー先生らの書籍等を学ぶことを通して、経営の帝王学を習得されている人が多いのではないでしょうか。

また、

組織のリーダーという立場、役職をになっている人の中には、
リーダーシップについて見識を深めるための自己投資をされている人もいると思います。

成功するために、ナポレオン・ヒルやデール・カーネギー等の名著を通して学ばれている人もいらっしゃると思います。

「知は力なり」
と言われるように、知っていることで余計な失敗を回避できたり、より良い策を採れたりするものだと思います。

a0002_000169

そうした中で、特に大事にしていることは、
学んだこと、情報や知識を実際に使える力にしていく為には、

◆松下先生が教えている経営方法と自分が今やっている経営方法の違いはどこにあるのか?
◆ナポレオン・ヒルが伝えている成功法則の中で、自分が「できていること」と「できていないこと」は何か?

の違いを見つけること、そして、それを改善していく努力を進めることだと思ってます。

要するに、
反省なくして発展はない
ということです。

メンターたる人たちが教えてくださっている成功の方法と、
自分が今やっていることの違いを自己点検・反省して、
違いをもたらしている違いを掴んだら、
「自分の場合はどうしたら成功するのか」
が分かるはずです。

こうした思考を取らずに、
ただ、ただ、情報や知識を増やしていては、
恐らく、自己投資貧乏になってしまうリスクが高いように
自分自身の経験から学んでいます。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント