自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 自分では気づかない自己中による貧しく孤独な選択vs.豊かで自由な調和

自分では気づかない自己中による貧しく孤独な選択vs.豊かで自由な調和

自由と調和をコントロールしてよりよい人生へ。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

人間は自分一人では生きていくことができません。
一人ぼっちになったら困ることがたくさんあります。
だから、他の人と一緒に生活できるように調和を学んでいます。

その一方で、
自分一人の方が気楽で、自由にできる。
他の人に自分を合わす必要もなく、
自己中心的に物事を進められるし、やりたいことを決められる。

人は、生まれ育った環境も違いますし、自分が体験してきたこと、それぞれ持つ独自の視点や価値観や考え方、潜在意識やその人の身についている教養などそれぞれ違うところがあるので、「調和」を重んじるタイプの人もいれば、「自由」を重視するタイプの人もいると思います。

それでも、どちらか一方へだけ極端に偏った思考や行動をしてしまっていると、やはり不幸な人生になっていくのではないでしょうか。

自分としては全うで正当なことを言っているつもりでも、
これまでにどのような組織に所属しても長続きしなかったり、
心を許し合える友達が少ないのであれば、
「他人に迷惑をかけるような自己中心的な人」に自分がなっているかもしれない・・・

と、自己点検した方が、自分の人生がより豊かでより善くシフトしていくことにつながるかもしれません。

なぜなら、人は、「自分の期待通りにならない他人」対して「自己中だな!」と思ってしまう傾向があり、「自己中な相手=悪い人、敵」ように意味づけて、「この人に自分は不快感を与えられたのだから、この人にも不快感を与えてる自分は許される」と自己正当性を持って言動するため、『人の迷惑をこれっぽっちも考えない』傾向が出てくるケースがあるからです。

そうした傾向の強い人は、多くの場合、他の人と距離を置かれたり、スッパリと人間関係を断ち切られたり、自分から組織との関係を切っていったりします。

最初のうちは、
「子供だな…」
「人の事を考えられないくらい、心に余裕がないかわいそうな人だな…」
「まだまだ人として器が小さく未熟なんだなぁ…」
と、周囲が大人になって折れてくれて、合してくれていることもありますが、時間が経っていくと『波長同通の法則』から、波長が合わない人は去っていく傾向にあります。

a1130_000385

一方、他の人に合わせてばかりで、ストレスをため込んで疲弊している場合、
自分自身に与えられている「自由な選択」を忘れているのかもしれません。

家族も含めて、自分が以外の人と一緒に過ごすことで、自分一人ではできない成果を創ることで得られる幸せを享受しながらも、自分一人の時間・孤独な時間を持つことで、適度に自分を満たしたり、自分と向き合ったりしていく。

a1180_002671

そうして、より好い人生、より豊かで自由な毎日へシフトしていく。
そうしたバランスを、この世界で学んでいるような気がします。
だから、今日のベストでより好い人生を!

以上です。

最後までお読みくださいまして有難うございます。

小冊子プレゼント