自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 一杯の水で味わえる感動!心に扱われる自分と心を扱う自分の違い

一杯の水で味わえる感動!心に扱われる自分と心を扱う自分の違い

自分の心を強くするメンタルサポートが得意です。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

私の趣味は温泉に行くこと、それから、ジョギングです。
温泉でゆっくり浸かってホッカホカになったり、
適度な運動で気持ちのいい汗をかいたり。
a1790_000019

そして、汗をかいた後にお水を飲むと、
「水ってこんなに美味しかったっけ~(*´∀`*)」

と、いつも以上に旨い経験をすることができます。

ちなみに、うちの子供たちは、温泉のあとのカルダスが楽しみ☆彡
IMG_2925[1]

こうした体験を通して学んだことなのですが、
「気持ちを集中すべき時に集中する」
「気持ちを緩めるべき時に緩める」
という切り替え上手になることで、集中した時の充実感や気持ちを緩めた時の安らぎの感覚が得やすいと実感しています。

仕事に集中すべきとに
「遊びたいけど仕事しないと・・・、面倒だなぁ、嫌だなぁ~」
と、仕事に十分向き合えずに時間が過ぎ、遊べる時間になった時に感じるリラックスの感動と、

仕事すべきとにしっかり集中して仕事して、遊びたい思いや怠けたい気持ちを律して成果を上げ、その後に訪れる遊びの時間は何倍楽しめるでしょうか(^^♪

だらだら怠けて過ごしたい。楽をして成功したい。
そうした思いが人間の心にはつきものかもしれません。
動物的な部分でしょうか。

しかし、私たちは人間であり、考える力・理性が与えられている。
ずーっと緩んだままで過ごす人生と、
ピシッと締めるときに締めて、緩めるときにダラ~と緩める人生で、
どちらが幸福で豊かで楽しいか。

仕事でベストを尽くしてキッチリ成果を出したあとに、
自分へのご褒美も込めてゆったりするのはとても楽しいし、
気持ちを緩めることに集中できている感じがします。

こうしたことを自分の心に言い聞かせ、調教し、
自らの心に使われる私ではなく、
私が自分の心を使う側であるように、今日もベストを尽くしていきます。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント