自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 思い通りにならない人・仕事・モノを排除したくなる逃亡精神

思い通りにならない人・仕事・モノを排除したくなる逃亡精神

人間力についてクライアントと一緒に深く実践的に学んでいます。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

出会ったときはイイ人だと思っていても、
一緒に過ごす時間が増えていったり、
一緒に仕事や活動をしていったりする中で、
相手の好い面に加えて、嫌いな面を発見する場合があるかもしれません。

人間だけではありません。
物においても同じことがあるかもしれません。

例えば、ある欲しかった物に出会ったころは、
「こんなのが欲しかっただ~(^^)/」
と、喜んで手に入れて、さらに使ってみて、
「やっぱりイイなぁ~(*^^)v」
と、使い勝手のよさに満足していたとしても、
ある日、使い勝手の悪いところを発見したり、不満が出てきたりするケースが珍しくないかもしれません。

こうした不満が出てくると、不満を感じている不快感が嫌で、不快感の対象となっている人や物を排除したくなる心が出てくることが多いかもしれません。

自分の思い通りにならない相手であったり、思い通りにならない仕事であったり、思い通りに使えない物であったり・・・。

「投げ出してしまったらどれだけ楽になれることだろうか・・・」
「この仕事、この役職を辞めたら、どれだけスッキリするだろうか・・・」
「あの人と別れたら、どれだけ自由になれるだろうか・・・」

と、今を捨てたい気持ちが湧いてくること、誰もが経験してきているかもしれません。

逃げているのか?
それとも、
執着を手放しているのか?

・・・その答えは自分の中に。

不完全さ、理不尽さ、未熟さ。
そうしたものを許せる心、寛大な精神性を育む中に、人間の器が大きくなっているのかもしれません。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント