自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 言い訳にちょうどイイ「結果に執着したくないので・・・」

言い訳にちょうどイイ「結果に執着したくないので・・・」

結果を本気で作る人のお役に立っています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

目標達成・自己実現に成功することに多く影響するものは、
「成功することへのコダワリ、決意」
だと実感しています。

余裕たっぷりの時間を使っても、なかなか目標達成・自己実現を果たせないケースは、「成功」という「結果」を作ることへのコダワリが弱いケースが多いように思いあす。

つまり、

「何が何でも成功する!」
といった結果へのコダワリが小さく、
「できたら成功したい」
「やれるだけやって、結果はお任せ」
のように考えていることが多いかもしれません。

確かな目標もあるし、叶えたい希望がある。
だけど、なかなか期待する結果・成果を得られずに、時間だけがズルズル過ぎていく・・・

こうした時間の浪費の渦に巻き込まれているケースにおいて、よく使わえている自己防衛・自己正当化の言い訳の代表選手は、
「そこまでして成功したいとは思っていない」
「結果に執着したくないので・・・」
「あまりガツガツやりすぎるのも自分らしくないと思うし・・・」
などなど。

100人100通りの価値観がありあすので、結果を作ることが全ての人の価値観を満たすものではないかもしれません。
だから、結果にこだわりたくない気持ち、成果に執着したくない価値観も認められるものかもしれません。

そして、

「行動すること」と「成し遂げること」は違うので、
本当に結果を作りたい人であれば、結果へのコダワリ・成果を出すことへの決意の強さを点検することで、今の自分に与えられている本当の課題に気づくことがあるかもしれません。

成功する方法を知らないことが期待する結果を得られない・希望実現しない本当の原因ではなく、自分自身の目標達成・自己実現へ向かう姿勢・心構えに問題があることに気づくと、一気に自由になることも多いと実感しています。

成功を信じて、努力に努力をつい重ねる。
成功法とは非常にシンプルでストレートなものかもしれません。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント