自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 明日からもベストで生きる勇気が湧いてくる・・・

明日からもベストで生きる勇気が湧いてくる・・・

懸命に生きるクライアントの伴走者。
100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

私は相田 みつをさんが書かれた
「自分の番 いのちのバトン」
に感銘を受けています。

いのちのバトン ―初めて出会う相田みつをのことば (角川文庫)/角川書店

Amazon.co.jp

この詩の中で、

お父さんとお母さんで2人。
そのお父さんとお母さんで4人。
そのまたお父さんとお母さんで8人。
こうして数えていくと20代前はでは100万人を越す。

と、書かれてあります。

子供を持つ親であれば分かると思いますが、
親は子供を自分以上に大切にする気持ちがあると思います。
私も3児の父として、この子たちの為なら命懸けになれるように感じています。

また、私の父・母は、
私の子供、つまり孫が可愛くて可愛くてしかたないようで、
孫の為なら何でもしたくなるようですラブラブ

・・・ということは、

自分自身も子供として親に愛されているだろうし、
自分自身も孫として愛されているだろうし、
会ったこともないけれど、両親の両親の両親の両親の・・・・、先祖代々、20代前はでは100万人を越す縁ある方々から望まれて生をうけているいるのではないでしょうか。

また、逆境の際はなかなか気づけないものですが、
自分自身が生きている今においても、知らず知らずのところでたいへん大勢の人に必要とされていたり、存在が認められていたり、許されていたりするものではないでしょうか。

こうした、とても数えきれない、把握しきれない大勢の縁ある方々から、今・ここで生きることを祝福されていること・より幸福に生きることを願われていることに意識を向けたとき、過去の延長線上で生きるのではなく、今・ここから、ベストで生きる勇気が湧いてきます。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント